トップページ > 県からのお知らせ > 平成29年度島根県看護学生修学資金【助産師特別資金】の貸与生募集は終了しました。

平成29年度島根県看護学生修学資金【助産師特別資金】の貸与生募集は終了しました。

 島根県では、将来、県内の医療機関等で看護業務に従事しようとする方の修学を支援するため「看護学生修学資金貸与制度」を設けています。

看護学生修学資金【助産師特別資金】貸与制度の概要(募集要項からの抜粋)

○目 的
 島根県内の産科医療機関の周産期医療提供体制を維持していくため、助産師施設に在学する方で、将来、県内の産科医療機関で助産師として勤務する意思のある方の修学などを支援することにより、助産師の県内就職を促進することを目的とします。

○応募資格

 ・助産師養成施設に在学する人
  (正規の修業年限が1年を超える助産師養成施設に在学する人は、最終学年に在学する人に限ります
 ・卒業後、島根県内の医療施設等(指定機関)で所定の期間勤務する意思のある人
 
○募集人数   10

○貸与額     120万円(在学中1回限り・一括貸与)

○返還の免除
 
 
助産師養成施設を卒業した日から1年以内に助産師の免許を取得し、かつ、ただちに島根県内の医療施設等(指定機関)において引き続き5年間助産師の業務(※)に従事したときは、貸与した修学資金の全額の返還を免除します。
 ※助産師業務に就業することを原則としつつ、勤務病院等の事情等により助産師以外の看護職員業務に従事する場合も、相当程度許容します。

○貸与の申請

 修学資金の貸与を受けようとする人は、「看護学生修学資金貸与申請書【助産師特別資金用】」に次の書類を添え、在学する養成施設を経由して申請してください。

 (1) 市町村長の発行する所得証明書
   ・平成28年中の所得を証明するもので本人を含む生計を一にする家族全員のもの
    (無収入の方についても、所得なしの証明が必要です。)
    なお、平成28年中の所得証明書は、概ね6月上旬から市町村で発行されます。
 (2) 助産師養成施設の長の推薦書【様式任意】
   ・学業及び人物に対する所見を記載したもの
 (3) 在学証明書
   ・学年を記載したもの
 (4) 連帯保証人の印鑑登録証明書
   ・連帯保証人住所地の市町村役場で取得してください。
   ・発行後3ヶ月以内のものを有効とします。

○貸与申請書受付期限

  平成29年6月27日(火)17時まで (当日消印有効) ※平成29年度の募集は終了しました。

○その他の事項

(1)貸与申請にあたっては、「平成29年度島根県看護学生修学資金【助産師特別資金】貸与生募集要項」を必ずご確認ください。
   また、看護学生修学資金貸与規則(昭和37年島根県規則第70号)の内容を承知した上で申請してください。
(2)この修学資金は各病院、各種学校及び市町村が貸与する奨学金、修学資金等との併給は制限しません。
(3)島根県が実施する看護学生修学資金【全県対象枠及び過疎地域・離島枠】との同時申請及び併給は認めません。