Shimane medical care network 島根県看護職情報ネット
トップページへ
島根県医療政策課
Hospital information 病院情報
医療法人財団公仁会鹿島病院 施設概要 お知らせ メッセージ 採用計画
~これから就職を希望される方へ~
看護管理者からのメッセージ
川谷  清美〈看護部長)
 多職種と連携し地域に根ざした慢性期看護の充実を目指しています。
各病棟とも看護職・介護職が協働し退院に向けた支援や、医療依存度の高い患者さんのケアを実践しています。
  ワークライフバランスを重視した取り組みも実践しています。夜勤免除、短時間勤務や有給休暇とは別の看護休暇など子育て支援も充実しています。バースデイ休暇、リフレッシュ休暇制度もあります。
  学ぶ体制にも力を入れています。研修、学会参加の助成制度もあります。
患者さんに寄り添う看護を実践したい方、一緒に働いてみませんか。いつでも病院見学できますので、お気軽にお越しください。お待ちしています。
看護職員からのメッセージ
井上  明子(病棟課長)
 神経難病や脳梗塞後遺症などで重度意識障害となられた患者さんを中心とした特殊疾患病棟で働いています。その中で、人工呼吸器を装着した呼吸器疾患の患者さんの看護に興味を持ち、病院の支援を受け「慢性呼吸器疾患看護認定看護師」の資格を取得しました。病棟に所属しながら、各病棟の呼吸器疾患患者さんの退院支援などの活動を行っています。
  当院ではスキルアップを目指す職員に院外研修参加を積極的に勧めたり、認定看護師資格制度を活用できるなど、様々なサポートがあります。慢性期医療に興味のある方、一緒に働きませんか。
谷尻  健(H30度採用  既卒看護師)
 以前は教員として看護学生に関わっていましたが、看護師としての未熟さを痛感し、現場に戻ってきました。患者さんの笑顔や何気ない反応に職員と思いを共有しながら働いています。
また教員としての経験を活かし学校での学びと、実習がつながりのある体験学習ができるように実習指導者して貢献できればと思います。そして看護基礎教育内容の充実を支援していきたいです。
松浦  由紀子(H30年度採用  新卒看護師)
 回復期病棟に入職し退院後を見据えた看護を考えていくことは大変難しいことでした。学校で学んだ知識とつなげることができず、患者さんの話を聞くことしかできない時期もありました。そんな時には、プリセプターに疑問など色々なことを聞いてもらいました。
院内の振返り研修で、初めての受け持ち患者さんの事例を発表しました。看護師の役割や看護観について考える良い機会となりました。これからも経験を重ね看護師として成長していきたいです。
その他
 


病院情報トップへ

島根県 健康福祉部医療政策課 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
Tel:0852-22-5252 Fax:0852-22-6040  E-mail:iryou@pref.shimane.lg.jp
島根県ナースセンター 〒690-0049 島根県松江市袖師町7-11 (社)島根県看護協会内
Tel:0852-27-8510 Fax:0852-25-3157  E-mail:shimane@nurse-center.net