Shimane medical care network 島根県看護職情報ネット
トップページへ
島根県医療政策課
Hospital information 病院情報
島根県立こころの医療センター 施設概要 お知らせ メッセージ 採用計画
~これから就職を希望される方へ~
看護管理者からのメッセージ
野尻  聡子(看護局長)
  精神科看護は患者さんへの看護を通し、自分と向き合う機会が多くあります。こころのケアを実践するために、自らが看護の道具となってコミュニケーションを図っていきます。
  「自分と向き合い、看護の能力を高めていく」そんな精神科看護を緑豊かな穏やかな環境と暖かい先輩に囲まれて実践していきませんか。新人だけでなく、精神科の経験がない現職の方へも研修プログラムを準備しています。皆さんをお待ちしています。
看護職員からのメッセージ
高橋  弥生(看護局次長)
  緑に囲まれた静かな環境の中で、急性期から慢性期、学童から成人まで幅広い精神看護を学ぶことができる病院です。職員一人ひとりが専門的な知識と技術を持って、患者さんの強みを引出し、その人らしい生活ができるよう日々取り組んでいます。新人看護師だけでなく、精神科の経験のない中途で入職される方にも精神科看護の基礎から学んでいただけるように、それぞれにプログラムを計画し丁寧に指導していきます。みなさんを支え、互いに成長し合える先輩方のいる温かい職場です。病院の理念である患者さん一人ひとりの心に寄り添う医療を行う仲間をお待ちしています。
福井真莉穂(看護師)
  私が精神科を選んだ理由は、精神科の実習へ来た時に精神症状に左右されるセルフケア面においてなかなか出来なかったことができた時、私自身とてもうれしい気持ちになり、精神科で根気強く患者さんと関わっていき、その中でも患者さんの思いに耳を傾けていきたいと思いました。1年間を通してこれからも私が大切にしたいことは『時間の許す限り患者さんと関わりを持ち、患者さんの思いを聴く』ことです。看護観は患者さんとの出会いや経験、年齢を重ねることで変化していくものですが、自分の看護観を大切にし、日々の看護に繋げていきたいです。
古居  淳(看護師)
  私は学生時代の実習で複雑な社会環境の中で精神疾患に向き合っている患者さんを見て、看護を通じて患者さんの心に寄り添いたいと考えました。そして、精神科看護を希望して当院に入職しました。
  当初は、看護師として働くことへの不安が大きかったですが、充実した研修を通じて知識と技術を身に付け、自信をもって働くことができています。また、先輩方からは優しく迎え入れて頂いて、のびのびと働くことができています。
  一緒に心に寄り添った看護を実践しませんか。皆様とお会いできることをお待ちしております。
その他
 


病院情報トップへ

島根県 健康福祉部医療政策課 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
Tel:0852-22-5252 Fax:0852-22-6040  E-mail:iryou@pref.shimane.lg.jp
島根県ナースセンター 〒690-0049 島根県松江市袖師町7-11 (社)島根県看護協会内
Tel:0852-27-8510 Fax:0852-25-3157  E-mail:shimane@nurse-center.net