Shimane medical care network 島根県看護職情報ネット
トップページへ
島根県医療政策課
Hospital information 病院情報
海士診療所 施設概要 お知らせ メッセージ 採用計画
~これから就職を希望される方へ~
看護管理者からのメッセージ
 
島で唯一の医療機関として、感冒から救急搬送を要する重症疾患、乳児から看取りまで幅広く対応しています。常勤医師は専門の枠を越えて診察し、看護師はその医師の指示のもと看護を提供しています。日々の多岐にわたる疾患と島で暮らす患者様との関わりは、看護師にとっては貴重な体験です。未体験の症例は自ら調べ、更なる知識が必要となれば本土での研修へ参加します。定期的に院内研修会を開催し、看護師はもちろん、院内事務職員、町内福祉施設スタッフも招き、日常のニーズにあった題材で行っています。
当院の看護師の2/3がIターン者です。また、子育て世代が多く「お互いさま」の気持ちのもと仕事はもちろん、私生活も助け合いながら暮らしています。
小さな離島の診療所ですが、小さいからこそできること、学べることが沢山あります。島民とともに暮らしながら医療・看護を一緒に提供してみませんか?
看護職員からのメッセージ
 
私は、2013年から海士診療所で働いています。2児の母になり、仕事と育児の両立はとても大変です。夫婦ともに海士町出身ではないので、子供の病気や健診・予防接種などの際は、夫婦交代で休むなどして仕事と育児を両立しています。出産後、職場復帰を考えると両立していけるだろうかという不安もありましたが、職場も子育て世代が多いことや島外出身夫婦もという理解もあり、急な休みも対応していただき、子育てしながらでも働ける職場です。
仕事は、私自身毎日が勉強です。島唯一の診療所に来る患者様は年齢も疾患もさまざまです。積極的に院内や院外の勉強会に参加し日々疑問に思ったことや分からないことは調べ、日々の業務に繋げていけるよう努力しています。努力を惜しまないのは大事な患者様のためです。患者様のためにこれからも笑顔を忘れず、心の支えとなれる看護師を目指していきます。
海士診療所で一緒に働きましょう。心よりお待ちしています!
 
  短大卒業後すぐ地元海士町に戻り、診療所に就職して18年目。6年目で訪問看護師として自宅や施設で療養している患者様やそのご家族様へ療養生活の相談や指導、自立支援など行っています。3年前に遺体感染管理士を取得し、葬儀会社のないこの島で看護師が行う最後のケアを見直し、看護師全員がエビデンスに基づいた質の高いエンゼルケアを提供できるようになりました。その後は緩和ケア認定看護師を取得し、島の在宅緩和ケアチームの一員として島民を支援しています。
  本土の病院のように教育システムや研修環境は整っていませんが、島の患者様やそのご家族様から困りごとや病気のことを教えて頂き、問題があれば解決できるよう努力します。この過程が看護師のモチベーションであり成長する糧にもなっています。
  ここで何が学べるか、何を学ぶかは人それぞれでありあなた次第です。自己の成長のために島の看護にチャレンジしてみませんか?
 
  診療所で勤務を始めて5年になります。その前は町役場で保健師をしており、看護師としての経験はほぼゼロからのスタートでしたが、先輩方や先生方の丁寧な指導とチャレンジ精神で日々邁進しています。離島の小さな診療所は来る者拒まず。乳児健診や予防接種から救急搬送、在宅ターミナルまで、業務は多岐に渡ります。だからこそ、今までの経験を活かしつつ、今までにない経験も積める。経験ゼロからでも力を発揮できる。新たな自分の発見があるかもしれません。また、このような小さなコミュニティですので、保健福祉行政や福祉施設、教育機関との間はもちろん、患者である地域住民との境界もあってないようなもの。診療所の看護師でありながら、コニュニティナースでもあり、またある時はいち住民でもある。小さな島の限られた環境の中と侮るなかれ、日々の生活の中に溶け込んでいる看護の可能性は無限大です。
その他
 


病院情報トップへ

島根県 健康福祉部医療政策課 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
Tel:0852-22-5252 Fax:0852-22-6040  E-mail:iryou@pref.shimane.lg.jp
島根県ナースセンター 〒690-0049 島根県松江市袖師町7-11 (社)島根県看護協会内
Tel:0852-27-8510 Fax:0852-25-3157  E-mail:shimane@nurse-center.net